Tagged: 憲法

NCC配合政府強制收回中廣頻道,法院認為NCC國家機器濫權

針對我國國家通訊傳播委員會(NCC)在《中廣音樂網「i Radio」、寶島網 14 日晚間驚傳遭 NCC 強制停播》事件中,強制民間電台停播以收回頻率一案,經中廣提起行政訴訟後,台北高等行政法院合議庭認為NCC已濫用裁量權作成「保留廢止權」和「通知繳回頻率,不得請求補償」附款,侵害憲法保障的訴訟權,故判決撤銷附款,要求NCC需重審中廣2015年12月30日換照申請,並作成決定。本案可上訴。

ncc は、中国ワイドチャネルの政府の強制回復に協力し、裁判所は、ncc 国家装置は、電力を乱用したことを開催しました

「Zhongguang 音楽ネットワーク」 i ラジオにおける中国の国家通信・通信委員会 (NCC) への対応として、第14回の夕方にトレジャーアイランドネットワークは、インシデントの強制停止を NCC によって衝撃を受け、強制民間ラジオ局は、ケースの頻度を回復するために中断し、チンは行政手続を開始し、台北高等行政裁判所の完全な裁判所は、NCC が判断を乱用したと考えています " 「取消しの権利」及び「支払われるべき通知の頻度」、「補償を請求しないこと」及び「憲法によって保証される行為の権利を侵害すること」については、判決は、添付を取り消し、NCC に対して、Zhongguang の申請を再開することを要求するものとし、2015の決定を下す。このケースは上訴のために利用可能です。