Tagged: 違法

車禍肇事逃逸法律罰則?以為沒人受傷就離開現場是否觸法?

今天道路交通 @issue 的問題是關於「在馬路上開汽車、騎機車發生車禍後,如何認定肇事逃逸的違法要件?自認非肇事者而隨便離開現場是否觸法? 肇事逃逸的法律定義 根據中華民國刑法第185-4條規定,我們可以知道肇事逃逸的法律定義為「駕駛動力交通工具肇事,致人死傷而逃逸者。」換言之只要在車禍事件中出現人員死亡、受傷,車輛駕駛人逕自離開現場都可視為肇事逃逸。 「肇事逃逸」之認定是否與「肇事責任」有關? 根據司法實務判決載述「肇事逃逸罪之立法意旨,在於處罰肇事後逃逸之駕駛人,俾以維護交通安全,加強救護,減少被害人之死傷,促使駕駛人於肇事後能對被害人即時救護或其他必要措施,以減少因延誤就醫致生無謂傷亡,因此該罪之成立只以行為人有駕駛動力交通工具肇事,致人死傷而逃逸之事實即可,至於行為人對肇事有無過失及其離去之原因為何,則非所問。」換言之,只要發生車禍,不論自己有沒有肇事責任,都要留在現場,將傷者送醫,否則即可能構成犯罪。 然而,經常出現爭議的地方在於車禍發生後無人受傷或死亡,此時肇事駕駛逕自離去是否屬於肇事逃逸? 單純交通工具受損之交通事故案件,雖然未符合觸犯刑法第185-4條「肇事逃逸罪」之要件,惟依道路交通管理處罰條例第62條第1項「汽車駕駛人駕駛汽車肇事,無人受傷或死亡而未依規定處置者,處新臺幣1,000元以上3,000元以下罰鍰;逃逸者,並吊扣其駕駛執照1個月至3個月。」其中亦無陳述與肇事責任之關聯,爰仍有可能因違反規定而遭掣單處罰。 「肇事逃逸」的處罰與罰則 中華民國刑法第185-4條:「駕駛動力交通工具肇事,致人死傷而逃逸者,處1年以上7年以下有期徒刑。」 道路交通管理處罰條例第62條第1項:「汽車駕駛人駕駛汽車肇事,無人受傷或死亡而未依規定處置者,處新臺幣1,000千元以上3,000元以下罰鍰;逃逸者,並吊扣其駕駛執照1個月至3個月。」、同條第4項:「前項駕駛人肇事致人受傷而逃逸者,吊銷其駕駛執照;致人重傷或死亡而逃逸者,吊銷其駕駛執照,並不得再考領。」

車の事故のためのヒットと実行の法的ペナルティ?誰も怪我をしない場合は、シーンを残して、あなたは法律に触れていないと思いますか?

交通 @issue についての今日の質問は、「道路で車を運転し、車の事故で機関車に乗った後、ヒットアンドランの違法な要素を識別する方法」についてですか?それはあなたが非加害者として識別するときに、何気なくシーンを残すために法律を取るのですか? ヒット・アンド・ランの法的定義 中国の刑事法の第185-4 条によると、我々は、ヒット・アンド・ランの法則が「死、傷害と脱出を引き起こし、動力車を運転する」と定義されていることを知ることができます。つまり、人が死亡したり、自動車事故で負傷したりしている限り、車両運転者の現場からの逸脱は、ヒット・アンド・ランと見なすことができます。 「事故に対する責任」に関連する「ヒット・アンド・ラン」の決定は? 司法実務の判断によると、「ヒット・アンド・ランの犯罪の立法意図は、交通安全を維持し、救助を強化し、被害者の死亡と負傷を軽減し、事故後の犠牲者の即時救助またはその他の必要な措置を促進するように、事故後に逃れるドライバーを処罰することであり、遅延によって引き起こされる不必要死傷を減らすために したがって、加害者との唯一の犯罪の確立は、事故や彼の出発の理由についての障害を持っていないという事実の死と傷害と脱出を引き起こし、車両事故の駆動力を持っている、それは尋ねられません。「言い換えると、事故の責任があるかどうかにかかわらず、自動車事故が発生している限り、彼らは現場にとどまり、負傷者を医療に送る必要があり、さもなければ犯罪になるかもしれません。 しかし、頻繁に発生する論争は、クラッシュ後に誰も怪我をしたり殺されたりしなかったことであり、その時点で、衝突事故はヒット・アンド・ランですか? 交通事故の場合は、車両への損害の場合は、刑法第185-4 条「ヒット・アンド・ランの犯罪」の要件に従っていないが、道路交通管理ペナルティ条例第62号によると、1th、「自動車事故を運転する車の運転手は、必要な処分を受けることなく、誰も負傷または死亡、NT $1000 欠席裁判未満のペナルティは、逃走と1ヶ月から3ヶ月のために彼の運転免許を停止しました。「また、リンクが事故の責任に関連しているという声明はありません、そして、呼び出しはまだ規則に違反して罰せられる可能性があります。 「ヒット・アンド・ラン」のペナルティとペナルティ 中華民国の刑事法第185-4 条: 「動力車を運転し、死亡、負傷、逃亡を引き起こし、1年以上、懲役7年未満」」 道路交通管理罰則第62号、項目 1th: 「自動車事故に巻き込まれた自動車運転手は、誰も負傷しない、または死亡し、NT $1000 の規定に従って処分されておらず、3000元は欠席裁判に罰金を科されている。逃走者は、1ヶ月から3ヶ月の間、運転免許を停止し「同じ記事で、第4回: 「前の運転手のドライバーが怪我や逃亡を引き起こした場合、彼の運転免許証を取り消し、深刻なけがや死を引き起こす逃走者は、彼の運転免許証を無効にし、再び認められないものとします。」