PWMを使用してモーターを制御する場合、どの回路設計の問題に注意する必要がありますか?

MCU control corded device
MCU control corded device

回路設計でよくある質問は、「パルス幅変調(PWM)でモーターを制御するときに何に注意を払う必要があるか」です。

PWMを使用してモーターの動作を制御する場合、一般にDCモーターと呼ばれます。

リレーを使って制御したい場合は、機械構造の往復時間が長すぎるため、周波数が高いと動作せず、機械構造が壊れてしまうため、絶対に機能しません。人生が高くない場合。

最悪の場合、制御する電流を増幅するためにフォトカプラアイソレーションIC + BJTを使用する必要があります。

ただし、実際には、制御にハイパワートランジスタ(パワーMOSFET)を使用するのが最善の選択です。

もちろん、モーター自体の内蔵PWMモジュールを選択することもできます。 シングルチップを使用してPWMを実装する場合は、ピンの出力電流が駆動に十分かどうかに注意する必要があります。通常、従来の8051 ICは15mAを供給できますが、新しいArduinoは20〜30mAに達することができます。

シングルチップでPWM制御のモーター回路を設計する場合、電気的保護と電力汚染の問題に特別な注意を払う必要があります。

前者は、PWM動作自体が逆起電力を発生させるためであり、これはトランジスタ回路の設計によって保護することができます。

電力汚染は、モーターの始動からの電流フィードバックによるもので、チップをクラッシュさせてクラッシュを引き起こす可能性があります。これは、電圧レギュレーションと電源絶縁の回路設計によって保護できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。