リフレッシュするために最も効果的にコーヒーを飲む方法は? 睡眠に影響を与えずに飲むのはいつですか?

コーヒーを飲むことに関する質問は、「コーヒーを最も効果的に飲む方法は?睡眠に影響を与えずにいつ飲むか?」についてです。

プラスのメリットを管理し、マイナスの影響を減らすための適切な時期を選択してください

一杯の濃いコーヒーのさわやかな効果は人々を世界に群がらせますが、どのように精神を活性化し、身体の健康への悪影響を減らすか、「飲む時間」が最も重要な決定要因です。

通常の睡眠状態では、起きたばかりのときに体内のコルチゾール濃度が最も高くなりますが、現時点ではコーヒーのさわやかな効果は明ら​​かではないため、起きてから2〜3時間後または2〜3時間飲まなければなりません。昼食後数時間。

さらに、カフェインは飲み終わってから20〜30分経つまでは効かないので、忙しい一日の仕事の直後に出かける前にブラックコーヒーを楽しんだり、オフィスに車で行くことができます。

昼休みをとる習慣がある場合は、コーヒーを飲んだ直後に昼寝をしたり、目覚めただけでブースティング効果を発揮したりできます。

最後に、人体でのカフェインの半減期は約4〜6時間です。カフェインに邪魔されたくない場合は、早めにコーヒーを飲むことができます。 たとえば、就寝時刻は午後10時なので、遅くとも就寝前の7時間以内にコーヒーを飲まないでください。つまり、午後3時以降はコーヒーを飲まないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。