マウスボタンのマイクロスイッチは、日本または中華人民共和国で行う必要があります?

person holding apple Magic Mouse
person holding apple Magic Mouse

マウスの修理に関するよくある質問は、「マウスボタンのマイクロスイッチは日本製か中華人民共和国製か」です。

マウスは100元以上から数千元と安いです。最大の違いは、感触、人間工学、外観構造、動き検出解像度などの主要なデザインにありますが、マウスの数に関係なく、唯一の違いは定数です。ボディに隠されたボタンブレーキ検知素子(マイクロスイッチ)は、実際には非常に故障しやすく、損傷しやすいということです。

多くの人は、マウスを数年間使用しないと、ボタンの応答が非常に鈍感になっていると感じ始めます。数回連続してクリックしても応答しないか、感度が高すぎます。一度押すと、ダブルになります。 -クリックします。これは完全に制御できません。

なぜマウスが壊れますか?

大きな理由は、ボタンの下のマイクロスイッチが鈍感になっていることです。 鈍感になる理由はたくさん考えられます。クリック数が多いと、部品内部の金属接触が失われ、ほこりの侵入による接触不良でも、マウスの制御が徐々に失敗します。

一般的に、この種の摩耗のほとんどは、修理のために元の工場に返送する必要はありません。結局、内部部品と機械的構造は老朽化し始めています。今回は、スイッチが修理された後、内部のプラスチック構造がマウスも着用されており、ボタンの制御に影響します。

安価なマウスは新しいものと交換できます。マウスが1年未満の場合は、修理のために元の工場に報告することを検討してください。

もちろん、自分でマイクロスイッチを購入してDIYに戻ってメンテナンスするという方法もありますが、実はこれも多くの人が考えている解決策なので、市場に出回っているさまざまなメーカーのマイクロスイッチで簡単に購入できます。

マウスのスイッチを修理したい場合は、部品を購入するだけでなく、はんだごてとはんだを使って修理する必要があります。 まったく連絡をとったことがない友達にとっては、それでも少し難しいかもしれません。

マイクロスイッチを選ぶ

著者はかつて、マイクロスイッチを選択するためのヒントがあると述べていましたが、実際の経験から、🇯🇵日本製の🇯🇵MIJのマイクロスイッチ(例:オムロンオムロンD2F-01)はより正確であり、銅板はより薄く、より軽くなるように設計できます製品ですが、耐久性はありません。

🇨🇳MIC中華人民共和国製で、精度が比較的低く、製造技術も劣っています。銅板自体はある程度の厚みがありますが、比較的耐久性があります。手触りよりも耐久性があります。

🇩🇪MIGドイツ製マイクロスイッチ(例:Cherry GD2 GD4ブラックドット)は、より高価で高精度ですが、頑丈で耐久性もあります。

費用対効果が高く愛国心が強いので、中華民国のMIT台湾製の🇹🇼TTC防塵ゴールド製品を選択することもできます。

実は一度だけ交換すればいいのですが、場所や交換方法がわかれば、次回の交換も難しくないので、高精度で手触りの良いものを選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。